協会について

フットヘルパーとは「フットケアができるヘルパー」、そして「足を助ける」という意味があります。

我々フットヘルパーはフットケアエキスパートです。
フットケアのプロとして足や爪のトラブルを持つ方の悩みに真摯に向き合っています。

介護保険が始まって間もない、介護予防のフットケアと言う認識がそもそも世の中に存在もしていなかった2006年、当法人副理事長である大場マッキー広美氏によって名付けられました。

ヘルパーという名が表すように介護予防、介護改善を主な取り組みの一つに掲げています。
また、フットケアを提供できる人材の育成も大きな柱のひとつです。
「いつまでも自分の足でどこまでも」この思いを基本に活動をしています。

フットヘルパーは、それぞれの生活や仕事のバックグラウンドを持ちその中で訪問ケア、施設でのケア、または個人サロンでのケアに取り組んでいます。

フットヘルパーは治療・診断などの医療行為は一切行っておりません。お客様の健康状態及び皮膚、爪の状態によってはケアをお断りする場合もございます。

フットヘルパー協会ではフットケアの提供ができる医療介護従事者の育成を行います。
また、正しいフットケアの知識と技術の普及のため医療介護従事者のみならず、全ての世代の方へ啓発活動を行っていきます。

すべての方がいつまでも自分の足で歩き続けることができ、自分の思い描く生活を続けられることのできる世の中になったら良いな。そんな未来を目指しています。
そのためにも、一つの施設に一人以上、足をみてケアができる介護士さんや看護師さんが居ることが理想です。介護保険の身体介護の中にフットケアを取り入れることで介護予防、介護改善に繋がることを目標としています。
また現在足にトラブルを自覚していない若い世代の方も足に興味を持ってもらう事で、日常生活の中にフットケアを取り入れ「生涯歩ける足づくり」が普及することを目標としています。

理事長挨拶

初めまして。一般社団法人フットヘルパー協会 代表理事/フットケア エキスパートの奥田晶子と申します。

みなさん、介護現場、医療現場で足や爪の悩みに自信を持って向き合えていますか?人の爪を切るのは怖いものです。でも、正しい知識を持てば怖くありません。
当協会では実力派講師が少人数制で20時間、あなたにみっちり指導。
質問やフォローも充実した双方向性セミナーで、あなたをお客様に頼りにされる「プロ」へと育成します。

2005年に始まったフットヘルパーは、福岡の私、奥田と山形の大場マッキー広美氏との出会いで、2014年8月に一般社団法人フットヘルパー協会となりました。
当時の私はフットケアのサロンを運営する中、様々な病気の相談やトラブルのある爪の相談が数多く寄せられていました。その解決に奔走するなかで、介護現場の「フットケア」という存在に出会いました。
これをきっかけに、「フットヘルパー」という分野そのものを開拓した大場氏と出会い、介護および介護予防におけるフットケアの必要性と重要性をみっちりと学びました。

この学びを経て、看護師時代には感じることが無かった『高齢者が元気に歩く日々を支えたい』という予防に関する思いが私の中に芽生えました。
フットヘルパーとは「フットケアができるヘルパー」、そして「足を助ける」という意味で大場氏が2005年に名付け活動を開始しました。足元からの健康の大事さを啓発、後進を育成する活動をさらに広めていくべく、2016年、大場氏と共に「一般社団法人フットヘルパー協会」として新たな歩みを進めました。

介護予防のフットケアと一言でいっても色々なアプローチの仕方があります。
介護職の方が要介護・要支援の方への介護予防として。また、施設などでフットケアを広めるためなど。
既にフットケアの技術はあるが介護予防に取り入れるにはどうしたらよいかわからず改めて講座を受ける方も少なくはありません。 私自身フットヘルパーとして一人でも多くの方が自分の足で歩き、自分らしい生活を送れ、自分の望む最期を迎えられるお手伝いができると良いと思っています。
この思いに賛同してくださる医療、介護職の方とともに介護予防のフットケアをもっともっと広め、根付かせていきたいと思っています。

1998年 看護師免許取得
2004年 台湾式リフレクソロジスト
2011年 ネイリスト2級
2012年 足爪補正士(巻爪補正)
2014年 カサハラ式フットケアポディスト(外反母趾矯正)
2015年 フットヘルパー認定講師
    認知症サポーター養成講座受講
2016年 きらめき認知症シスター
2018年 ORAシュパンゲ巻き爪補正技術取得
2020年 形状記憶ワイヤー巻き爪補正技術取得 
2023年 Hey Switch巻き爪ケア技術者

1998年~
・看護師

2011年
・Salonやまのいえ 開業

2012年
・血液浄化学会 学術集会実技セミナー講師
・大分フットサルベージ研究会 実技講師
・北九州実践フットケア研究会 実技講師
・山口実践フットケア研修会 実技講師
・第1回日本下肢救済・足病学会北九州地方会 実技セミナー講師
・第50回日本糖尿病学会 北九州地方大会 実技セミナー講師

2013年
・北九州透析合同カンファレンス 実技講師
・九州実践フットケア研究会 実技講師
・第2回日本下肢救済・足病学会北九州地方会 実技講師

2014年
・九州実践フットケア研究会 実技講師
・山口実践フットケア研究会 実技講師
・Fの会 立ち上げ(北九州のフットケア指導士と活動)
・第3回日本下肢救済・足病学会北九州地方会学術集会 実技講師
・第3回日本下肢救済・足病学会北九州地方会 市民公開講座実技講師
・博多阪急にてフットケアイベント 4日間

2015年
・第1回えひめ実践フットケアセミナー 実技講師補佐
・フットヘルパー養成校本部 開設
・博多阪急にてフットケアイベント 3日間
・北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 市民企画事業にて
・「生涯歩ける足作り」セミナー
・霧ケ丘市民センターにて「足の健康と介護予防」セミナー
・博多阪急にてフットケアイベント 2日間
・北九州実践フットケア研究会 実技講師
・第4回日本下肢救済・足病学会北九州地方会学術集会 実技講師
・第12回日本フットケア学会久留米セミナー
 「在宅フットケアの現状とこれから」にてシンポジスト
・第17回西日本国際福祉機器展にて「介護におけるフットケア」セミナー

2016年
・一般社団法人フットヘルパー協会設立
・門司区家庭教育学級にて「あなたの足健康ですか?」セミナー
・博多阪急にてフットケアイベント1日間
・第5回日本下肢救済・足病学会北九州地方会 市民公開講座実技講師
・第18回西日本国際福祉機器展にて「介護におけるフットケア」セミナー
 他 セミナー、施設研修など

2017年
・在宅ホスピスフェスタIN北九州にてケアブース出展
・第5回日本下肢救済・足病医学会 九州・沖縄地方会にてシンポジウムおよび実技指導
・第19回西日本国際福祉機器展にてセミナーおよび出展
・フットヘルパー協会総会IN北九州

2018年
・第16回日本フットケア学会本会にて実技指導
・フットヘルパー協会総会IN沖縄
・住まい×介護×医療展2018IN東京出展
・フットヘルパー協会地方会IN岐阜
・住まい×介護×医療展2018IN関西出展
・第20回西日本国際福祉機器展にてセミナー

2019年
・住まい×介護×医療展2019N関西出展
・福岡県立大学看護学科にて外部講師
・第21回西日本国際福祉機器展にてセミナー
・ムーブフェスタ2019市民企画事業参加
・医療法人真鶴会小倉第一病院にて足靴相談会開始

2020年
・第16回日本整形靴技術協会学術集会にてシンポジストおよび実技指導
・福岡県立大学看護学科にて外部講師
・第22回西日本国際福祉機器展にてセミナー
・ムーブフェスタ2020市民企画事業参加

2021年
・フットヘルパー協会総会IN大分
・福岡県立大学看護学科にて外部講師
・第23回西日本国際福祉機器展にてセミナー
・第25回日本看護管理学会学術集会にてシンポジスト

2022年
・ムーブフェスタ2022市民企画事業参加
・日本フットケア・足病医学会在宅委員会委員就任

2023年
・フットヘルパー協会総会IN北九州
・フットヘルパー協会地方会IN山形
・福岡県立大学看護学科にて外部講師
・ムーブフェスタ2023市民企画事業参加
・社会福祉法人 致遠会様にてフットケアセミナー
・第5回日本フットケア・足病医学会 九州・沖縄地方会 学術集会にてシンポジスト2件

2024年
・フットヘルパー協会地方会IN鹿児島
・フットヘルパー協会総会IN群馬
・ムーブフェスタ2024市民企画事業参加

その他
・北九州市立男女共同参画センター・ムーブフェスタにて足と靴の相談会
・西日本国際福祉機器展にて「介護におけるフットケア」
・セミナー等を開催
・市民センター等にて健康教室開催
・福岡県立大学看護学部にて外部講師
・京都橘大学にて外部講師
・日本看護管理学会学術集会にてシンポジストを勤めるなどの活動を行う

会長挨拶

協会の沿革

2005年
・フットヘルパー誕生
・大場マッキー広美がフットヘルパーとして活動開始

2006年
・フットヘルパー山形合同会社 設立
・大場マッキー広美代表就任
・フットヘルパーの育成を開

2008年
・フットヘルパー育成を行う講師の誕生

2013年
・フットヘルパー山形合同会社の介護事業部門を譲渡。
・フットヘルパー・ノマド設立
・大場マッキー広美代表就任

2015年
・フットヘルパー・ノマドよりフットヘルパー育成部門譲渡
・奥田晶子フットヘルパー育成責任者となる

2016年
・一般社団法人フットヘルパー協会 設立
・奥田晶子代表理事就任。
・大場マッキー広美理事就任。

2023年
・大場マッキー広美協会長就任。
・一般社団法人フットヘルパー協会より株式会社FHへ事業の一部を移譲。
・株式会社FHが一般社団法人フットヘルパー協会の運営を行う

2025年
・フットヘルパー20周年を迎える

運営会社

※一般社団法人フットヘルパー協会は株式会社FHが運営しております。

会  社  名  株式会社FH(エフエイチ) 
設  立  日  2023年3月 
代  表  者  代表取締役 吉田晶子(奥田晶子) 
所  在  地  福岡県北九州市小倉南区貫1881-3  
事業内容
  • フットケアスクール運営
  • フットケア関連商品の開発及び販売